At sit eleifend efficiendi, utroque forensibus vel eu. Eros mandamus ad nam. Ad natum virtute pro, dicit scripserit nec cu et qui dicat.

Follow me:
Tw        Be        Fb        Pin

kiff

今回は、路上ライブを中心に活動されているサックス奏者、TSUBO-KENさんにインタビューさせて頂きました! 関西の中学・高校の非常勤講師をしていたTSUBO-KENさんは、20年前に東京に活動の拠点を移しました。路上ライブをメインに様々な"つながり"で演奏の場を広げながら、ご家族を養いつつ、現在もどんどん新しいことに挑戦しているミュージシャンの方です。 路上ミュージシャンと聞いて、裕福なイメージを持つ人は正直少ないと思いますが、TSUBO-KENさんが東京で路上演奏を始めた頃は、なかなか大きな額が稼げたとのこと。もちろん、TSUBO-KENさんの演奏が素晴らしく、多くの人を惹き付ける魅力があることは間違いありません。その上で、彼の音楽を評価する人も多く、引いては、路上ミュージシャンを受け入れる環境が世の中にあったということです。 しかし、路上演奏はどこでやっても良いわけではありません。TSUBO-KENさんの経験やキャリアに照らすと、年月を重ねる中で演奏できる場所が減ってきているように感じているそうです。 現在TSUBO-KENさんは、月に路上ライブを10数本、レッスンや音楽制作など様々な活動を通して生計を立てています。特にこのご時世、コロナ禍のため演奏の場が制限され、奥様と力を合わせて何とか生活を営んでおられるとのこと。この苦境においても、TSUBO-KENさんは常に音楽に全力です。プロフェッショナルとして、プライドを持って活動されています。 今回、2020/12/19に大塚の駅でのTSUBO-KENさんの路上ライブに伺うと、多くの人が足を止めて彼の音楽に耳を傾けていました。チラ見する人、見つめる人、立ち止まる人、チラシを取って見る人、写真や動画を撮る人、投げ銭する人など実にたくさんの人が、年齢性別も偏りなく、TSUBO-KENさんの音楽に興味を示していました。もちろん僕(ジンキムラ)もその中の一人です。 路上ライブの環境とは裏腹に、TSUBO-KENさん曰く、むしろ最近はお礼を言われることの方が多いとのことです。コロナ禍で多くのライブが中止になってしまい、生の演奏が聞ける機会が減っているため、力強いライブ演奏を聞けて喜ぶ人が多いのですね。Tsubo-Kenさんがお客さんにお礼を言われるのはコロナ禍に限ったことではありません。そもそも投げ銭が彼の音楽に対するリスナーからのお礼であり、感謝の表れです。人それぞれ所得や資産が違いますし、音楽の好みやその日の気分も違います。そんな中で、TSUBO-KENさんの音楽が刺さったリスナーがその喜びを伝えてくれるものが、彼のモチベーションにも繋がると言います。 大きな金額を投げ銭してくれる方もいれば、その日の買い物から野菜をくださる方、食べかけのメロンパン(齧ったところを除いて)を下さる方もおられたそうです。金額に直すと差があるかもしれませんが、"夕飯に使おうとしていた材料"、"その日の食事の一部"など本人たちにとって、とても大事なものの一部を差し出すほどの感動を届けていることが、彼の音楽の価値を物語っています。 TSUBO-KENさんが最も印象的だったのは、小学生のお子さんから貰ったポチ袋とのこと。それにはご両親からの手書きのお手紙が添えられていました。 "これは小学生の娘が入れた500円です。これは彼女の1ヶ月分のお小遣いです。「これ入れたら今月のお小遣いなくなるよ?」と聞いたところ、本人が「入れたい!」というので入れました。" その女の子に最大限の感動を届けられたこと、そして、その感動をTSUBO-KENさんに伝えてくれたことを合わせて、とても印象的な思い出だと語って下さいました。TSUBO-KENさんが路上ライブを続ける理由の一つはこの小学生の少女のような、普段ライブハウスやコンサートにはなかなか足を運ぶことが出来ない方々にをも、音楽を届けられるから!だということです。 路上ライブが収入の要でありながら、メンバーと共に演奏するライブはTSUBO-KENさんにとって音楽のスキルや経験を磨くための非常に重要な場所です。一人でオケをバックに演奏するスタイルだけでは自分の音楽性は成長しない!と、TSUBO-KENさんは言います。先輩後輩を問わず尊敬しているミュージシャンたちと音を重ね合わせないと決して体験出来ない学びと喜びを感じるために、TSUBO-KENさんはコロナ禍の今でも月に1,2本は2人以上のメンバーとのライブをやり続けておられます。いつも雀の涙しか渡せないギャランティにも関わらず、ずっと”つながり”続けてくれる仲間には絶えず感謝しているとおっしゃってました。 "つながり"によって広がる活動の場はミュージシャン同志のそれに限りません。2007年に渋谷駅の路上ライブで出会った長崎の幼稚園経営者の方とはYoutubeでのWebTVを始めました。さらに、その方の"つながり"から長崎の美術館や中華料理店、諌早のうなぎ屋、多良見駅のフリーマーケット、酒蔵、と現地の多くの方々に様々なところでライブする機会ををコーディネートしてもらったとのことです。場所のセッティングや企画、告知、集客、さらには現地ミュージシャンとのコラボまで準備して下さるようになりました。長崎での"つながり"がこの長崎ツアーを毎年の恒例企画にしてくれているとのことでした。このような"つながり"は長崎のみならず、北海道、福島、新潟、大阪、徳島など他にも様々なところに広がっていると言います。 また、最近ではLIVE812というライブストリーミングのアプリで、演奏をを配信しているとのこと。配信することでその場では出会えない方にも音楽を届けられる上に、ライバー(アプリ内でパフォーマンスする人々)同志の繋がりで新しい企画がたくさん生まれているとのとこです。2020年の8月から始め、岩手、埼玉、東京、神奈川、群馬、静岡、愛知、岐阜、大阪、高知、愛媛、長崎のライバーたちと実際に会ってコラボレーションし、北海道のミュージシャン&カメラマンとはアプリ内で楽曲制作も実施したとのことです。2021年も日本全国のライバーとのコラボを予定しており、その活動は音楽に止まらず、絵描きさんとの絵本制作にも広がりを見せているとのことでした。今後もこのLIVE812の"つながり"を活かして、新たなことに挑戦していきたいと意気込みを語ってくださいました。 TSUBO-KENさんの活動は、彼の音楽センスやスキルを前提にしていることは間違いありませんが、それに加えて彼の人柄が、この活動を支える大切な要素になっているように感じました。周りの人への気配りや礼儀、感謝はもちろん、その場を盛り上げる機転や小さな声も見逃さないきめ細やかな配慮、こう言った要素が、彼の周りに人を集め、さらにはもっと活動してもらいたいということで、継続して協力しよう!応援しよう!という気持ちを持たせるのだと感じました。 僕、ジンキムラもTSUBO-KENさんの今後の活動を楽しみしていますし、応援していきたいと思います!そんな、TSUBO-KENさんもKIFFをアルバム制作のために使ってくださっています!ありがとうございます! TSUBO-KENさんの演奏はLIVE812を始めYoutubeやfacebookなどのSNSでご覧になれます。是非みなさん見に行ってみてください!最後まで読んでくださって、ありがとうございましたm(_ _)m

この度は、アーティストが身につけるべきビジネススキルについてガリバー宇田川さんとお話しさせて頂きました。宇田川さんはメジャーデビューしたアーティストでありながら、ビジネスも多岐にわたって展開しています。 宇田川さんは、実際に経験した音楽業界や現場のリアルを踏まえて、変化する環境の中でアーティストが生き残っていく術を考えながら実践してきました。そして現在は、これを他のアーティストに伝えていく活動もしています。彼は、上位10%"以外"のアーティストたちが生計を立てられていない現状について、キャリア形成を支援し、ビジネススキルを付与することでアーティストが自分自身で稼げるようにする、つまり「アーティストという職業を再定義する」ことを目指しています。 その一環として、アーティストが独自で生計を立てるために、表現活動から収入を確保する方法、得た収入をさらなる成長のために効果的に活用する方法などを、SNSやYoutube、ラジオ、ブログ、コーチングを通して発信しています。 アーティストがビジネススキルを身につけると言っても、アーティストとしての本業は表現活動です。アーティストを目指す人は自分の表現したいものを表現するために、技術を磨き、作品を作り続けています。反面?、いや、それ故に、ビジネスやお金のために表現することは疎まれることも多いです。 しかし、アーティスト活動を続けるためには生き抜かなくてはならず、生きるためには収入が必要です。では、どうするか。 宇田川さんは、アーティストが持つ自身のスキルを活かして、様々な収益確保の術を身につけるべきだと語ります。イベント企画やSNS運用、キャスティングなどアーティストとして提供できる価値をフルに活かして収益化していくことが大事とのこと。 全く無関係のアルバイトで時間を犠牲にするよりも、自分の活動に繋がる、キャリアを形成するための収益を得る道に進むべきだということです。 しかし、キャリア形成と言われてもどうしたら良いかわからない。具体的に何をすればお金になるのか、知っている人は少ないです。誰に聞いたら良いかもわからない。そんな時、具体的に行動すべき方向を見つけるのを支援してくれるのが、ガリバー宇田川さんのキャリア形成コーチングです。 コーチングはアーティスト個々人の経験や、意向のヒアリングを通して計画設定されます。それぞれのアーティストに応じたキャリアの方向性を探すのを支援したり、具体的な行動をどのように行っていくか、テクニカルな部分についても教えてもらえるそうです。生徒さんのスキルがマッチするものがあれば、仕事の案件を紹介することも可能とのこと。もちろん宇田川さんはミュージシャンなので、音楽面での指導も受けられます。 これだけの内容で¥15,000/月で60分の面談+LINEで質問し放題とのこと。体験された方からは、以下のような声が上がっています! 宇田川さんのHPより抜粋 アーティストとして長く活動するためのヒントを学ぶのために、ジンキムラとしてもおすすめです! さらに、宇田川さんは今後、より専門的な機関となるアカデミーの創設も準備中とのことです。アカデミーには宇田川さんのコーチングに加えて、「音楽以外のジャンルで成果を上げているアーティスト」や「広告代理店」、「プロダクションやレコード会社などの音楽関連企業」、その他公的機関等も含めたアーティストがビジネスを展開するのに必要なスキルや環境に詳しい方々が総合的なカリキュラムを準備しているとのことです。こちらも楽しみです! そんなガリバー宇田川さんが書いた本がAmazonで販売されています。KIndleで読めますし価格もお手頃なので、是非お手にとって見てはいかがでしょうか!こちらはAmazonのビジネス新書4部門で1位を獲得しています(組織論・ビジネス交渉・リーダーシップ・NPO)。僕も読ませて頂きましたが、「現場のリアル」、「アーティストのビジネス事例」、「キャリアについての考え方」などが書かれており、アーティスト経験がない自分にとっても勉強になりましたし、今後増えるだろう複業/フリーランスの方にとっても価値のある一冊だと思いました。 Kindle版は¥498(税込) 今後のアーティストとしての活動の可能性を広げていこうと考えている方には、本当におすすめです!そんな、宇田川さんもKIFFをアーティストの活動支援の一環として使ってくださっています!ありがとうございます! 右はジンキムラですw 最後まで、読んでくださったみなさん、ありがとうございますm(_ _)mぜひ、コーチングの申し込み、または書籍購入を検討してみてください。ついでにKIFFもご登録頂けたら嬉しいです。

KIFFの開発・運営をしているジンキムラです。この度、Honestreeさんの提供するeCsalonというサービスにKIFFのQRコードを埋め込んで使えるようにして頂きました! ありがとうございます!!!m(_ _)m 今回は、そんなHonestreeさんのeCsalonのご紹介をさせて頂きます。 eCsalonは、個人で活動されている漫画家さんの収益を上げるためのwebサイトを構築するサービスです。漫画を含むダウンロードコンテンツの販売はもちろん、サブスクリプション購読といった形で月定額の販売も可能です。 デモサイトです サブスクリプション購読はプランを複数設定することもできるので、漫画作品を複数制作されている作家さんは重宝しそうです。読み切り作品が多い方はダウンロード販売、長期連載の方はサブスクリプション購読として販売することもできそうですね。決済手段はPaypalかstripeを選択できるとのこと。つまり、クレジットカードやpaypalアカウントなど読者さんの決済ニーズに幅広く答えられそうです。 デモサイトより抜粋 もちろん、販売だけではなく、無料作品ダウンロードも設定できるので、初めての読者さんに興味を持ってもらうきっかけ作りに活用できます。 そして、何よりeCsalonさんの最もすごいところは、このサイトを作ってくれるというところです。最近、ECサイトを作れるサービスや、メンバーシップを作れるサービスは多いですが、作るとなると多少なりとも学習コストがかかります。eCsalonはこの辺りを全てカバーしてくれるので、作家さんは制作活動に集中できます。 手数料はPaypalやstripeの手数料とは別に5%必要です。手数料のボリュームディスカウントや最低契約期間、ご利用保証料などしっかり定められているので、詳細はHonestreeさんにお問い合わせください。 ECサイトやサブスクリプション販売に興味のある方は、是非参考にしてみてください!!

こんにちは!KIFFを開発・運営してますジンキムラです!今回はKIFFの使い方を提案させてください! KIFFの特徴は、"操作がシンプルで手数料が安い"ところです。いろいろな形で応援のお金をもらう機会が増えてくると思いますが、投げ銭の窓口をKIFFに一本化しちゃいません?という提案です。 以下、ちょっと詳しく書きます。 最近はクリエイターやアーティストの方を応援するサービスやアプリが増えてきました。ざっとカオスマップを作ってみました。 国内外のサービスが入り乱れておりますし、僕が知る限りのサービスに限られるので全然網羅的なものではないです。ほんの一部だと思います。つまり、「クリエイターやアーティストの方を応援するサービスやアプリ」がもっといっぱいあるんです。 こう言ったサービス/アプリのなかでも、以下の特徴を持つものをパッションエコノミーというらしいです。 画一的な情報整理よりも個性や特徴をプッシュ広告費/月定額でなくユーザー成果に応じたサービス利用料を請求するオンラインで取り扱えるコンテンツが中心ギグワーカーとは異なる個人のセンスやスキルを使った新しい仕事を創出する パッションエコノミーって響きがいいですよね。"情熱経済"!!熱い人たちが世界をより良く変えていくと信じてます